青果部相良 大治(2011年入社)

「おいしい!」と納得のいく商品選びがモットー。

現在の仕事内容を教えてください。

毎朝、まず向かうのは市場です。競りをして仕入れた全店分の青果商品を物流センターに運搬する手配をし、担当の店舗へ移動します。午後からは荷捌き、品出し、加工。春ならひな祭りや子供の日、冬なら冬至やクリスマスなど、季節ごとのイベントに合わせた売り場づくりも行います。

相良 大治 仕事風景

仕事のやりがいについてお聞かせください。

市場では、今日は100円だけど翌日には200円になるケースもあるので、勘と情報収集力を活かして相場を読むことが必要です。そうして、自分自身で商品やその味を確認して「おいしい!」と自信をもって仕入れた商品をお客さまにお届けできることにやりがいを感じます。最近では、思い切って箱売り商品に力を入れたときに反響があったのが嬉しかったですね。売り場づくりや売価の設定には自信があるので、今後も喜んでいただける売り場をつくりたいと思います。


今後の目標についてお聞かせください。

商品の仕入れに関わる仕事になってまだ日が浅いので、日々勉強です。瞬時に判断できる頭の回転の速さが求められますし、数字が問われるので、常に目標を達成できるように頑張りたいと思います。また、市場の仕入れには人間関係の構築やコミュニケーション力も重要だと感じているので、その部分も磨ければと思います。


最後にマルキョウを目指されている学生の皆さんへメッセージをお願いします。

私は接客がしたいと思い、マルキョウに入社しました。日々、人とのつながりの大切さを感じながら働いています。経験がなくても頑張り次第で結果が表れる、努力が報われる仕事です。先輩社員と共に切磋琢磨していきましょう!

〜 自分流 〜

相良 大治 売場づくり

旬を売り場に投影

季節ごとの大きなイベントから小さなイベントまで、お客さまがその時期に欲するものを先読みした売り場づくりに力を入れています。購買につながる、売価の価格設定もポイントです。