精肉部 古矢 洋介 (2008年入社)

任される売り場の規模が大きくなれば、やりがいもより大きなものに。

現在の仕事内容を教えてください

発注しておいた商品の荷下ろしや開店前の商品陳列から始まり、ブロック肉のカットやパック詰めといった加工、特売品のポップ作成など、精肉コーナーの売り場づくり全般に関わっています。現在はチーフを任されているので、商品の仕入れも私の担当。午前中の品出し作業を終えてから、空いた時間で発注作業を行っています。バイヤーや店長主導ではなく、私の判断で仕入れる商品や量を決めることができるので、責任を感じる反面、とてもやりがいを感じますね。


仕事のやりがいについてお聞かせください

商品の陳列方法や品揃えを工夫した結果が、毎日ダイレクトに返ってくるというのが一番のやりがい。商品が売れていく様子を目前で見られることに、日々喜びを感じています。「おいしかった」というお客さまの声はもちろん嬉しいのですが、「マルキョウのお肉はキレイ」と言ってもらえた時が、何より手応えを感じる瞬間。生肉をカットする際の厚みやトレイへの盛り付け方、売り場での並べ方など、お客さま視点を大切にしながら試行錯誤を重ねています。近隣店舗の視察も欠かせませんね。


今後の目標についてお聞かせください

現在の店舗はチーフとして6店舗目になりますが、今まで以上の大型店を任せてもらえるようになるのがこれからの目標。より大きな金額を扱う仕事にチャレンジしてみたいと思っています。精肉コーナーは店舗全体の売上に占める割合が大きく、また、仕入れに携わっているためプレッシャーもありますが、店長や本部の上司など、気軽に相談しやすい社風に助けられています。


最後にマルキョウを目指されている学生の皆さんへメッセージをお願いします

私が20代前半でチーフを任せてもらえたように、努力や結果をちゃんと評価してもらえる会社なので、モチベーションを保ったまま働き続けることができると思います。給与や賞与、保険などの福利厚生面もしっかりしているので、安心して入社してください。

column

商品陳列の美しさを徹底

売り場づくりの基本は、お客さまが買い物しやすい売り場になっているかどうか。こまめに売り場を巡回して、美しい陳列を心がけています。巡回に時間を多く割くために、スピードを意識して商品加工や事務作業をすることも大切です。