青果部 髙田 充利 (2015年入社)

乱高下する相場を読んだ発注で、お客さまに喜ばれる売り場をつくる。

現在の仕事内容を教えてください

チーフとして仕入れに携わっていますが、商品の価格が日によって大きく変わるというのが青果の特徴です。これまでの経験をもとに相場を読み、先のことまで考えた発注をする仕事は難しいですが、その分やりがいもありますね。野菜や果物によって日もちする物もあれば、すぐに悪くなる物もあります。劣化が早い商品は、すぐに売れるように売り場づくりを工夫したり、一定の鮮度以上の商品だけが並ぶように売り場をチェックしたりするのも重要な仕事です。


仕事のやりがいについてお聞かせください

チーフになると売り場づくり全体を任せてもらえます。私はチーフになってから、品質や見ための美しさにこだわった売り場づくりを徹底するように心がけました。ある時、お客さまから「しばらくこの店には来てなかったけど、野菜売り場が良くなったからまた買い物するようになった」といっていただけたことがあり、本当に嬉しかったことを覚えています。仕入れも、売り場づくりも、スタッフさんへの指導も、単純作業の繰り返しじゃないところがこの仕事の醍醐味ですね。


今後の目標についてお聞かせください

マルキョウの野菜や果物は、どんなに安くても品質の劣るものは仕入れないという方針が徹底されており、自信をもってお客さまにおすすめできる商品ばかりです。また、近隣店舗ではマルキョウだけにしかない有名農園の果物など、品揃えの良さも自慢です。チャンスがあればバイヤーになって、マルキョウ全体の青果に関わる仕事に挑戦してみたいと考えています。


最後にマルキョウを目指されている学生の皆さんへメッセージをお願いします

私は学生時代にマルキョウが近くにあり利用していましたが、皆さんが楽しそうに働いているという印象をもっていました。実際に入社しても、そのイメージは同じ。社員、スタッフを問わず、皆んなでわきあいあいと仕事をすることができています。日々、笑いの絶えない職場ですよ。

column

商品の“魅せ方”にひと工夫

野菜をそのまま並べて市場直送の雰囲気を出したり、かごや箱を使って高級感を演出したり、商品の魅力を引き出すための売り場づくりはチーフの腕の見せどころ。100点の正解がない仕事なので、難しい反面、おもしろさを感じます。